今年
この季節がやってまいりました。

ピン芸人NO1を決める
R-1ぐらんぷり2018!!

3月6日(火)に無事に生放送が終了し

グランプリ決定したようです。

グランプリを獲得したあかつきには
賞金500万円プレゼントされます。

また
グランプリ獲得直後から
何件ものお仕事オファー
くるそうです。

出場経験が何度かある強者から
初出場無名の芸人まで決勝
進んでおりましたが
今年は優勝の座に
輝いたのでしょうか!?

R1グランプリ2018の優勝者は誰の手に?

R-1グランプリ

画像引用元:https://twitter.com/r1grandprix
今年のR1グランプリは
過去最多の3,795名
エントリーがありました。
年々注目が集まっている証拠ですね。

決勝トーナメントに進んだのは

ルシファー吉岡(マセキ芸能社)
カニササレ アヤコ (フリー)
おいでやす小田(よしもと)
おぐ(SMA)
河邑ミク(松竹芸能)
チョコレートプラネット・長田(よしもと)
ゆりやんレトリィバァ(よしもと)
濱田祐太郎(よしもと)
紺野ぶるま(松竹芸能)
霜降り明星・粗品(よしもと)
敗者復活
マツモトクラブ(SMA)
霜降り明星・せいや(よしもと)

以上の12名でした。

その中で
グランプリを獲得したのは
よしもとクリエイティブ
・エージェンシー所属
濱田 祐太郎さん
でした!!!!!

おめでとうございます!

TVの生中継を見た方は分かると思いますが
濱田さんは先天性緑内障で左目は見えず
右目は明暗が分かる程度だそうです。

ステージ上でも白杖を持ち
しっかりとした口調で
視覚障害を逆手に取った
自虐的漫談を披露していましたね。

R1グランプリ獲得王者のコメントは?

sponsored link

ハキハキとした口調で
大きな声で漫談を披露し
爆笑をさそった濱田さん。

ファーストステージ終了直後
雨上がり決死隊の宮迫さんが
「はっきりと 喋りうまいですね。」
と漏らしていたのが印象的でした。

本人も
「個人的な感想としては
視覚障がい者としてよりも
漫談家として
優勝できたということのほうが
全然うれしい」
と仰っていました。

審査員の中の
落語家の桂文枝さん
全ての票を濱田さんに
投票していました。

「1人でしゃべることで
お客さんを笑かしたい気持ちがある」

濱田さんのそういう部分を
落語家である自分と
重ね合わせたのではないでしょうか。
桂文枝さんは漫談の実力を
認めているようでした。

濱田さんへの評価

世間では
障害者であることに対しての
お茶の間投票の同情票で優勝した
騒がれている面もあります。

しかし
お笑いに精通する審査員の投票
最も多かったのは濱田さんでした。

また
審査員ではないのですが
さまぁ~ずの三村マサカズさん
R1グランプリを
リアルタイムで観ていたそうです。
優勝者が決まる前に
「濱田君でしょう。
そして これからの 笑いのなにかが 変わる」
ツイッター上にてコメントしています。

芸人さんからみても
よほど漫談に実力が出ていたのでしょう。

最後に

今回最もエントリーが多かった大会で
見事1位に輝いた濱田さん。

視力障害を持っていても
しっかりとした漫談で
会場を沸かせていました。

これからの濱田さんの活躍に期待です!

最後になりますが
M-1グランプリの記事も
是非ご覧ください!
M-1グランプリ2017の結果は?感想とネタの評価は?優勝者のコメントは?