2017年大ブレイク必至
兄弟お笑いコンビ「ミキ」の
昂生)のツッコミに対して

うるさい
何を言っているかわからない
叫び声
声高すぎ
うざい
大声で怒鳴っているだけ

という酷評が多く
それが原因で
つまらない面白くない
と感じている人が多いようです。

今回はミキの漫才スタイルや
本当にうるさいのかどうかについて
話していきたいと思います。

ミキの漫才スタイル

ミキ

画像引用元:http://www.yoshimoto.co.jp

ミキは
兄の昴生(画像:右)と
弟の亜生(画像:左)の
実の兄弟コンビです。

漫才のスタイルとしては
兄の昴生がツッコミで弟の亜生がボケ担当で
オーソドックスなしゃべりネタなので
いわゆる典型的な漫才スタイルですが
やはり実の兄弟コンビというところが
普通のコンビとは違うところだと思います。

兄弟コンビであれば
お互いの幼少期を題材にしたネタが出来たり
息の合ったやりとりが上手だったり
普通のコンビに比べると
特徴的になりますよね。

ミキの漫才のつかみネタでも
兄の昴生(こうせい)と弟の亜生(あせい)で
「こーせいあーせい、あーせいこーせい」
っていうのがあるのですが
兄弟ならではだと思いますね。

兄の昴生(こうせい)はうるさい?

sponsored link

ミキは
漫才の序盤では
結構冷静なしゃべりネタで笑いを取るスタンスです。

しかし
どんどん漫才が進んでいき
漫才の中盤から終盤に差し掛かるところくらいから
だんだん兄の昴生のツッコミが激しくなりすぎることが
非常によくあります。

ツッコミが激しいといっても
強く頭を叩くとか相方を押し倒すとか
そういう類の激しさではなく
ギャーギャー騒ぐような声やキンキン声で
大声で怒鳴り散らかす感じのツッコミです。

たまに何を言っているか
本当に分からない時がありますw

会場の雰囲気がだんだんあったまってきて
お客さんが笑うモードになっている時には
そういった少し荒いようなツッコミが
逆にピタッとハマって大爆笑に繋がることも多いです。

しかし
お客さんの雰囲気次第では
ミキはヒートアップしてきているのに
逆にお客さんは冷めてきていて
その激しいツッコミとの温度差に
違和感や不快感を覚えてしまう人も
いるみたいですね。

その結果として
このようなつぶやきもあります。

もちろん
これだけテレビに出てきていますから
あのうるさい感じが大好き!とか
必死さが面白い!という声も
たくさんあります。

2017年以降の活躍に期待大!

飛躍

ミキはここ1年くらいで
かなりテレビにでる機会が増えています。

うるさくて気に食わない方もいるかもしれませんが
逆にあのスタイルだから売れたのかもしれません。

しかしミキは
兄の昴生さんが芸歴8年
弟の亜生さんが芸歴4年で
まだまだ若手中の若手ですから
どんどん成長していくと思います。

これからいろんな番組に出て
漫才を披露することになったり
ひな壇で話す機会が増えたりして
大先輩と一緒に仕事をしたり
大先輩から指摘をもらったりするはずです。

いろんな経験を通して
多くの人を笑わせられるような
芸人になってほしいです!

弟の亜生が
人志松本のすべらない話に
出演した際の反応などを
まとめた記事がありますので
気になる方はご覧ください。
ミキの亜生はつまらない?話が長い?すべらない話で緊張しすぎ?