2016年M-1グランプリ優勝を果たした銀シャリですが
特徴的なところは?
とか
印象的な部分は?
と聞かれたら多くの方が答えそうなのが…

青色のジャケット(スーツ)

ですよね!

今回は
なぜ青いジャケットをお揃い着ているのか?
について話していこうと思います。

なぜ青いジャケット?

銀シャリ

画像引用元:http://www.yoshimoto.co.jp

写真にあるように
銀シャリは青いジャケットが印象的ですね。

おっとその前に…

もしかして左の人は鰻(うなぎ)さんだけど
右の人誰だっけ?って思っている人いますか?w

だとしたらまずは
こちらを見てくださいね♪
銀シャリの鰻じゃない方の名前は?メガネだけどなぜ目立たない?

それはさておき
お揃いで青いジャケットを着ている理由ですが…

・『横山やすし・西川きよし』の昔ながらの漫才スタイルに
強く影響を受けたため

・若手時代のオーディションで
他の芸人と違って目立てるように

といった2つの理由があるようです。

正直な話
昭和の古臭い衣装な感じはしますが
当の本人たちはカッコイイと思って着ていたみたいですね。

しかも
青いジャケットを4着持っていて
4着目は西川きよし師匠にもらったものらしいです。

尊敬していたかたから衣装をいただけるのは
相当嬉しいことですよね。

それにしても同じ衣装を複数個持つのは
狩野英孝が白い衣装を複数持っていたり
小島よしおやとにかく明るい安村が
同じパンツを何着も持っていたりするのと同じで
芸人あるあるといったところでしょうかw

1度は青いジャケットを卒業した!?

sponsored link

2015年の7月10日
大阪なんばグランド花月で開かれた
コンビ結成10周年記念ライブにて
青いジャケットを卒業し
新衣装をお披露目したが…

会場からは

「ぇえー!!」という声がw

着ていた服は
スタイリッシュなグレーのスーツで
しかもお揃いです。

結局二人で揃えるところは変わらないんですね…

従来の青いジャケットとグレーのスーツでは
どちらの方が良いかと会場のお客さんに聞いたところ
青いジャケットが良いという意見が過半数で
お客さんの受けは良くなかったみたいですね。

その後
2016年6月6日に
明石家さんまさんが司会を務める某番組に出演し

 

「青いジャケットをそろそろ脱ぎたい」

「若い子に騒がれない」

 

という発言をしていたことから
本人たちは青いジャケットをやめたい
という意志が強いみたいですね。

しかし結局
2016年のM-1グランプリでは
しっかり青いジャケットで登場してましたw

まとめ

銀シャリがいつも青いジャケットを着ていたのは
古き良き漫才に憧れていたからなんですね。

そして一度は青いジャケットを脱ごうと思ったものの
今でも来ていることは間違いないです。

銀シャリは青いジャケット
という印象が強すぎるので個人的にはこのままであってほしい!
と思っています。

しかしM-1グランプリに優勝し
いろんなテレビ番組からオファーが来るようになると
ドッキリとか体を張った仕事も増えてくるかと思います。

ドッキリで落とし穴にドボンしたら
ジャケットを洗うのが大変そうですねw